読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

drawKeypoints()の引数

drawKeypoints

 OpenCVには特徴点を書き出す際の関数にdrawKeypointsというのが用意されています。
 今回はその関数の引数について少し書いていきます。

drawKeypoints
cv::drawKeypoints(
scene1, //入力画像
keypoint1, //特徴点(キーポイント)
dest1, //出力画像
cv::Scalar::all(-1), //サークルの色(-1がランダムで、0~255が黒から白?)
cv::DrawMatchesFlags::DRAW_RICH_KEYPOINTS //キーポイントのサイズと方向が描画される
);

ですね。もう少しリファレンスとかを見てみようかと思います。